三菱重資産の売却命令、裁判所に申請…原告側

読売新聞 / 2019年7月23日 15時15分

【ソウル=岡部雄二郎】韓国国内での損害賠償請求訴訟で三菱重工業に勝訴した元女子勤労 挺身 ( ていしん ) 隊員ら原告側は23日、すでに差し押さえを済ませた三菱重工業の資産に対して売却命令を出すよう裁判所に申請した。 原告側の発表によると、対象となる資産は、三菱重工業が韓国国内に持つ特許権6件と商標権2件で、裁判所が申請を認めた場合、これらが売却されて現金化され、原告への賠償にあてられることになる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング