寄りかかった扉開く?カラオケ店で客が3階から転落死

読売新聞 / 2019年7月24日 13時42分

東京都世田谷区のカラオケ店で20日未明、3階の非常扉から男性客が転落し、死亡していたことが警視庁世田谷署への取材でわかった。寄りかかった際に扉が開いた可能性があるという。同署は業務上過失致死容疑も視野に、施錠状況などを調べている。 世田谷署幹部によると、死亡したのは、世田谷区の会社員恵本浩透さん(38)。20日午前3時50分頃、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング