東野圭吾氏、執筆専念を理由に直木賞選考を辞任 芥川賞の高樹のぶ子氏も

スポーツ報知 / 2019年7月24日 15時36分

日本文学振興会は24日、先日決定した第161回芥川賞、直木賞の選考会をもって、作家の高樹のぶ子氏(73)が芥川賞、東野圭吾氏(61)が直木賞の選考委員をそれぞれ退任したことを発表した。選考会後に両人から辞任の意向があり、了承した。高樹氏は「光抱く友よ」で第90回(1983年下半期)の芥川賞を受賞。第126回(2001年下半期)から選考に当たった。20年近く選考を務めたことについては「この賞の重みを背負い、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング