大腸菌、基準値2倍でスイム中止…谷真海選手「健康第一」

読売新聞 / 2019年8月17日 11時1分

2020年東京五輪・パラリンピックのテスト大会を兼ねたパラトライアスロンのワールドカップ(W杯)は17日、大会会場となる東京都港区のお台場海浜公園周辺のスイム(競泳)コースで水質が悪化したとし、スイムを中止し、ランとバイク(自転車)によるデュアスロンで実施された。 テスト大会の実行委員会によると、前日の16日午後1時に水質検査で、大腸菌の数値が国際トライアスロン連合(ITU)が定める基準値の上限の2倍を超えた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング