野口啓代「順調で怖い」伊藤ふたばら複合の予選進出

スポーツ報知 / 2019年8月18日 9時52分

◆スポーツクライミング世界選手権第6日(17日、東京・エスフォルタアリーナ八王子)日本勢は男女とも予選敗退したスピードを終え、ボルダリング、リードを含めた3種目の総合成績で複合に臨む男女各上位20人が決定。東京五輪代表入りを争う日本勢の女子は野口啓代(30)、伊藤ふたば(17)=ともにTEAMau=、野中生萌(みほう、22)=XFLAG=、森秋彩(あい、15)=茨城県連盟=、倉菜々子(19)=ウィルスタッフ=が18日の予選に進んだ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング