ガッツポーズ連発の明石商・狭間監督が日本高野連から注意「ガッツポーズをしすぎて右肘がおかしくなった」

スポーツ報知 / 2019年8月18日 16時33分

◆第101回全国高校野球選手権大会第12日▽準々決勝明石商7―6八戸学院光星(18日・甲子園)明石商の狭間善徳監督(54)が、ガッツポーズを連発していることを日本高野連から注意された。八戸光星学院戦でも随所に阪神・矢野監督ばりの“狭間ガッツ”が飛び出し、「一昨日(3回戦)注意されて、今日も試合が始まる前に『出すぎですよ』と言われた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング