写真

東映エージエンシーの発表

東京ドームの「シアターGロッソ」で行われている戦隊ヒーローショーに出演していた女性がスタッフからセクシュアル・ハラスメントなどの被害を受けていたと訴えていた問題で、ショーを制作する東映エージエンシーは2019年8月19日、セクハラに関与したスタッフ計6人を処分したと発表した。 発表によるとハラスメントに関与したのは東映エージエンシー社員1人と、委託会社スタッフ5人。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング