懲役6月求刑された猫虐待の男「猫の気持ち分かった」

読売新聞 / 2019年8月21日 7時45分

他人の猫を虐待し、死なせたとして、器物損壊罪と動物愛護法違反に問われた富山市の無職の男(52)の初公判が20日、富山地裁高岡支部(梅沢利昭裁判官)で開かれた。男は起訴事実を認め、検察側は懲役6月を求刑して即日結審した。判決は9月17日。 起訴状などによると、男は5月19日午後1時半頃、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング