写真

東映が19日発表していた声明

東京ドームの「シアターGロッソ」で公演している戦隊ヒーローショー出演時、スタッフからセクシュアルハラスメントなどの嫌がらせを受けてきたと告発した被害者の女性が2019年8月19日深夜、同日のショー制作会社による調査結果と再発防止策の発表を受けて、ツイッターで声明を出した。女性は体制改善を願うとともに、「これからどこかの場所でヒーローと出会う子どもたちが大人になる頃には、前時代的なハラスメントに苦しめられることなく生きていける環境が、社会に浸透して欲しい」との願いをつづっている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング