僧侶、パッシングに立腹…急停車繰り返す・胸ぐらつかむ

読売新聞 / 2019年8月23日 7時48分

後続車にパッシングされたことに腹を立て、急停車を繰り返し、降車して相手の胸ぐらをつかんだとして、大阪府警北堺署は22日、暴行容疑で同府松原市の僧侶の男(61)を書類送検したと発表した。僧侶は容疑を認め、「行き過ぎた行為だった」と話しているという。僧衣を着て、 檀家 ( だんか ) 回りの途中だった。 発表では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング