日本は対抗措置とらず、当面は静観…軍事情報協定破棄

読売新聞 / 2019年8月23日 21時14分

韓国が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を日本側に正式通告したことに対し、政府は対抗措置などはとらず、当面は状況を静観する構えだ。佐藤正久・外務副大臣は23日夜、BS番組で「協定破棄で困るのは韓国だ。韓国側の対応を冷静に見るのが我々の立場だ」と語った。 外務省幹部は23日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング