金色の「幸せ呼ぶウナギ」高知で展示…突然変異か

読売新聞 / 2019年8月25日 11時15分

金色の体に黒い斑点がある「ニホンウナギ」(体長約40センチ)が高知市の桂浜水族館で展示されており、「幸せを呼ぶウナギ」として注目を集めている。 7月下旬、高知市の男性が川で発見し、同館に連絡。体内で色素を十分に作ることができなかった突然変異体と考えられるという。 同館では昨年、養 鰻 ( まん ) 場から持ち込まれた白に黒の斑点があるニホンウナギが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング