埼玉知事選、新人・大野元裕氏の初当選が確実

読売新聞 / 2019年8月25日 22時38分

埼玉県知事選は25日、投票が行われ、新人で前参院議員の大野元裕氏(55)(無所属=立憲民主、国民民主、社民の各党県組織支持)が、いずれも新人で、スポーツライターの青島健太氏(61)(同=自民、公明推薦)、NHKから国民を守る党公認の放射線科医師・浜田聡氏(42)、元高校教諭の武田信弘氏(65)(無所属)、元会社員の桜井志津江氏(63)(同)の4人を破り、初当選を確実にした。 現職の上田清司知事が立候補しなかったため、県内での新知事の誕生は16年ぶりとなる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング