Uターンで衝突し逃走、対向車は炎上し2人死亡

読売新聞 / 2019年8月26日 12時3分

栃木県鹿沼市で23日夜に乗用車が立ち木に衝突して炎上し、2人が死亡した事故で、鹿沼署は26日、宇都宮市海道町、会社員の男(50)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。 発表によると、男は23日午後11時25分頃、鹿沼市深津の県道で乗用車を運転中、Uターンしようとして対向車線に進入したところ、対向の乗用車に衝突して乗っていた2人を死亡させ、そのまま逃げた疑い。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング