児相職員の権限使い「興味本位で」男女数人の住民票取得

読売新聞 / 2019年8月26日 13時6分

児童相談所職員の権限を使って他人の住民票や戸籍謄本を不正取得したとして、警視庁新宿署は26日、東京都府中市府中町、東京都児童相談センターの元職員、佐々木義邦容疑者(54)を有印公文書偽造・同行使容疑で逮捕したと発表した。 発表によると、佐々木容疑者は同センターの児童福祉司だった昨年4月、虐待調査などで必要な場合に他人の戸籍謄本などを取得できる権限を悪用し、八王子市の男女数人の住民票や戸籍謄本などを不正に取得した疑い。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング