BMWの販売店に対し、過剰なノルマを設定した上、達成できない販売店に新車を購入させるなどしていたとして、公正取引委員会は11日午前、独BMWの日本法人「ビー・エム・ダブリュー」(東京)に対し、独占禁止法違反(不公正な取引方法)容疑で立ち入り検査に入った。公取委は、輸入車市場の競争激化が背景にあるとみて実態解明を進める。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング