写真

1908年ロンドン五輪マラソン。イタリア代表のドランド・ピエトリ選手は首位でスタジアムに入るも昏倒。周囲の助けを借りながらゴールしたが、失格となった(Wikimedia Commonsより)

本日、9月12日は「マラソンの日」。なぜかといえば、その歴史は紀元前にまでさかのぼる。紀元前450年9月12日、ギリシャ・アテナイ(アテネ)の名将ミルティアデスが、ギリシャのマラトンに上陸してきたペルシアの大軍を見事撃退。その勝利の結果をアテナイにいる大老に伝えるため、伝令に選ばれた兵士・フィディピデスが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング