校門近くで登校児童の足を蹴る…子どものトラブル相手か

読売新聞 / 2019年9月15日 14時17分

自分の子どもと同じ小学校に通う児童を蹴ってけがをさせたとして、宮城県警塩釜署は13日、同県多賀城市、派遣社員の男(46)を傷害容疑で逮捕した。 発表によると、男は13日午前7時25分頃、仙台市近郊の小学校の校門の近くで、登校してきた男子児童の足を蹴り、右膝に打撲のけがを負わせた疑い。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング