設楽悠太、終盤大失速14位「覚えていない」東洋大・酒井監督「悠太なら日本記録更新の可能性ある」

スポーツ報知 / 2019年9月16日 8時49分

◆2020年東京五輪マラソン代表選考会(MGC)(15日、東京・明治神宮外苑前発着=42・195キロ)前日本記録保持者の設楽悠太は“大逃げ宣言”通りにスタート直後から飛び出し、中間点では後続に2分1秒の大差をつけた。だが終盤に大失速し、2時間16分9秒で14位に沈んだ。「25キロからきつくなった。(終盤は)きつすぎて覚えていない」と、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング