茂木外相、米国務長官と電話会談…中東巡り意見交換

読売新聞 / 2019年9月16日 23時22分

茂木外相は16日、就任後初めて、米国のポンペオ国務長官と電話で会談し、サウジアラビアの石油関連施設への攻撃を含む中東情勢について意見交換した。茂木氏は「テロ攻撃を強く非難する」との考えを伝えた。 会談では北朝鮮情勢をめぐっても協議し、茂木氏は「米国の取り組みを100%支援する」と述べた。韓国が日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことには、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング