日本陸連が選考不手際に全面謝罪…麻場強化委員長「我々の体制のレベルが低い」

スポーツ報知 / 2019年9月18日 16時35分

日本陸連の麻場一徳強化委員長が18日、都内で会見し、十種競技の右代啓祐(国士舘ク)のドーハ世界陸上出場取り消しについて説明した。右代は、世陸参加標準(8200点)を満たしていないが、今年4月のアジア選手権を優勝。地域王者として出場資格を得たとみなし、6月の日本選手権優勝で日本陸連からの代表内定を得ていた。国際陸連は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング