五輪内定の川井、3大会連続の金…レスリング57キロ級

読売新聞 / 2019年9月19日 21時37分

レスリングの世界選手権は19日、カザフスタンのヌルスルタンで行われ、女子57キロ級決勝は、前日東京五輪代表に内定した川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が中国選手を下して3大会連続の金メダルを獲得した。リオデジャネイロ五輪金メダリストで女子68キロ級の土性沙羅(東新住建)、62キロ級の川井友香子(至学館大)はともに3回戦で敗れたが、対戦相手が決勝へ進んだため、2人は20日の敗者復活戦へ回る。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング