天然痘やエボラウイルス保管施設で爆発…露は全容明らかにせず

読売新聞 / 2019年9月22日 20時51分

【モスクワ=工藤武人】ロシアで国の重要施設の爆発事案が相次いでいる。8月に軍のミサイル実験場で爆発が起きたほか、16日には天然痘やエボラ出血熱など重篤な感染症を引き起こすウイルスや細菌株を保管する西シベリアの研究施設で爆発が起きた。爆発に関する情報は機密を理由に十分開示されていない。 16日の爆発は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング