大規模停電で大量キャンセル…ホテルが北電を提訴

読売新聞 / 2019年10月9日 21時9分

昨年9月の北海道地震による大規模停電(ブラックアウト)で大量の予約キャンセルが出たとして、「知床第一ホテル」(北海道斜里町)が北海道電力(札幌市)を相手取り、約4360万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が9日、札幌地裁(武部知子裁判長)であり、北海道電は請求棄却を求めた。提訴は8月9日付。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング