救助ヘリから40メートル落下、77歳女性が死亡…隊員が固定器具の手順失念か

スポーツ報知 / 2019年10月14日 8時13分

13日午前10時ごろ、福島県いわき市で台風19号の救助活動中だった東京消防庁のヘリコプター「はくちょう」が77歳の女性をつり上げ、機体に収容する際、誤って約40メートル下に落下させた。女性は再度救助され、いわき市内の病院に運ばれたが、死亡した。東京消防庁は都内で会見し、事故の原因が隊員による救助手順のミスであると発表した。同庁によると「はくちょう」は緊急消防援助隊として福島県内で救助活動中、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング