獣神ライガーが鈴木みのるに完敗…鬼神は降臨せず、1・5引退までの再戦を要求

スポーツ報知 / 2019年10月15日 7時20分

◆新日本プロレス「KINGOFPRO-WRESTLING」大会▽スペシャルシングルマッチ〇鈴木みのる(17分38秒、ゴッチ式パイルドライバー→体固め)獣神サンダー・ライガー●(14日、東京・両国国技館、観衆9573人=満員)来年1月4、5日の東京ドーム2連戦で引退する獣神サンダー・ライガーが、因縁の鈴木みのる(51)とスペシャルシングルマッチで激突した。9月16日の鹿児島大会での8人タッグで鈴木にマスクを剥がされる屈辱を味わったライガーは、同22日の神戸大会でのタッグマッチで、自らマスクと上半身のコスチュームを脱いで全身ペイントの“鬼神”を降臨させ、鈴木に毒霧を噴きつけて報復。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング