JR10路線で見合わせ、私鉄や高速道も乱れ続く

読売新聞 / 2019年10月15日 20時42分

台風19号による交通の乱れは、15日になっても続いた。 JR東日本によると、北陸新幹線のほか、在来線でも土砂崩れや橋の流失などの被害が相次いだ。同日夕時点で、中央線や東北線など計10路線で運転を見合わせている区間がある。 中央線は高尾―大月間が線路への土砂流入で不通になり、新宿などから松本・甲府方面へ向かう特急「あずさ」「かいじ」は今月末まで運休する見通し。 茨城県大子町の久慈川にかかる橋の一部が流された水郡線のほか、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング