「もはや苦痛ではなく、人民の怒りに」…金正恩氏が米批判

読売新聞 / 2019年10月16日 13時20分

【ソウル=建石剛】朝鮮中央通信は16日、北朝鮮の 金正恩 ( キムジョンウン ) 朝鮮労働党委員長が北部・三池淵の病院の建設現場や飲料工場を視察し、「米国をはじめとする敵対勢力が我が人民に与えた苦痛は、もはや苦痛ではなく、人民の怒りとなった」と米国を批判したと報じた。 正恩氏は工事の進展状況を確認し、全国で地方開発を進めていく意向を示した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング