【ドラフト】広島、明大・森下の1位公表 佐々岡監督「ホレた」一本釣りも?

スポーツ報知 / 2019年10月16日 18時9分

広島が16日、都内でスカウト会議を行い、17日のドラフト会議で明大・森下暢仁投手(4年)を1位指名すると公表した。球団は大船渡・佐々木、星稜・奥川も1位候補に挙げていたが、この日、佐々岡真司監督(52)が「即戦力投手が欲しい」と発言し、松田オーナーが「それなら森下でいこう」と即断したという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング