新築マンション発売、首都圏3割減…価格の高止まり影響

読売新聞 / 2019年10月17日 12時42分

不動産経済研究所が17日発表した9月の首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)の新築マンション発売戸数は、前年同月比30・0%減の2359戸で2か月ぶりに減少した。1戸あたりの平均価格は5991万円だった。価格が高止まりしている影響で、発売月に売れた割合を示す契約率は56・8%となり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング