絶滅危惧「冬の使者」…福岡の干潟に朝鮮半島から飛来

読売新聞 / 2019年10月17日 15時54分

絶滅が危惧される渡り鳥・クロツラヘラサギが、福岡市東区の和白干潟に飛来し、浅瀬で羽を休めている。 しゃもじのような形のくちばしが特徴のトキ科の鳥で、朝鮮半島などから毎年この時期に越冬で飛来するため、「冬の使者」として親しまれている。「和白干潟を守る会」の山本廣子代表は「首を振りながら餌を探す姿は地元の風物詩。豊かな自然が残る干潟は過ごしやすいのでしょう」と話していた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング