使用済み紙おむつ再生、ユニ・チャーム商品化へ

読売新聞 / 2019年10月17日 22時29分

日用品大手のユニ・チャームは17日、使用済み紙おむつのリサイクル技術を確立したと発表した。回収した使用済み紙おむつを分解、殺菌して原料となるパルプなどを取り出し、再び紙おむつを生産する事業を始め、2021年4月以降の商品化を目指す。 高齢化の進行で、一般ごみに占める使用済み紙おむつの割合は年々、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング