「とにかく謝れや」同僚教諭暴言、被害女性が府提訴

読売新聞 / 2019年10月18日 7時21分

大阪府立の特別支援学校に勤務する女性教諭が、同僚の男性教諭からパワハラ行為を受けた際に、適切な対応を取らなかったとして、当時の校長や府に慰謝料など600万円の支払いを求めて、大阪地裁に提訴していたことが分かった。 訴状では、女性教諭は2014年7月、多数の教員がいる職員室で男性教諭から「とにかく謝れや」などと怒号を浴びせられた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング