死去から15年近く…趙紫陽氏の遺骨、北京郊外に埋葬

読売新聞 / 2019年10月19日 7時39分

【北京=比嘉清太】1989年6月に中国の民主化要求運動が武力弾圧された天安門事件で失脚した改革派指導者、趙紫陽・元共産党総書記の遺骨が18日、北京市郊外の民間墓地に埋葬された。 遺族の支援者が本紙の取材に明らかにした。死去から15年近くが経過し、ようやく遺族が求めていた埋葬が実現した。 墓地は北京市中心部から約60キロ離れた場所にある。遺骨は遺族が見守る中で埋葬され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング