台風19号から1週間、避難者4300人超…ボランティア阻む新たな雨

読売新聞 / 2019年10月19日 20時23分

東日本に洪水や土砂災害など甚大な被害をもたらした台風19号の上陸から1週間となった19日、被災地には再びまとまった雨が降り、千葉県南部では一時、新たな避難勧告が出された。避難者は同日夕時点で、4300人を超え、住宅被害は5万6000棟以上に上る。被災者やボランティアらは懸命の復旧作業を続けている。 気象庁によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング