写真

孫正義氏。WeWorkの混乱をどう見ているのか

米シェアオフィス「WeWork(ウィーワーク)」を運営するウィーカンパニーの上場とりやめで、最大の株主であるソフトバンクグループ(SBG)への影響、孫正義会長兼社長の対応策に関心が集まっている。ウィーワークのビジネスモデルを確認しておくと、家主からオフィスの長期賃貸の合意を取り付け、内装をきれいに施した共有オフィスを、最先端のスタートアップ企業など新興企業を中心に貸し出すもので、特定のオフィスに限らぬ利用が可能な「シェアオフィス」だ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング