深夜に「うー」気味悪い声、暗渠に入る直前の女性を救助

読売新聞 / 2019年10月20日 13時40分

富山市町村の住宅街で9月24日深夜、用水路に転落した70歳代女性が近所の男性2人に助けられ、一命を取りとめた。かすかなうめき声を偶然、自宅浴室にいた男性が聞いたのがきっかけとなった。女性は70メートル流され、 暗渠 ( あんきょ ) に入る直前だった。1秒でも遅れていたら助からなかったかもしれない。(谷侑弥) 24日午後11時頃、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング