福島県の死者の死因公表、ヘリ救助中落下は含めず

読売新聞 / 2019年10月20日 19時0分

福島県は台風19号による死者29人の死因などを公表した。溺死が23人、土砂崩れによる圧死が2人、土砂を吸ったことによる窒息死1人、多発性外傷1人だった。母と弟とともに車で帰宅中に行方不明になり、18日に遺体で見つかった男児(10)ら2人の死因は判明していない。 東京消防庁のヘリから救助中に落下して死亡した女性(77)は台風による死亡には含めていない。同県内では1人が今も行方不明になっている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング