正恩氏、父の「金剛山」観光事業を批判…「見るだけでも気分が悪い」

読売新聞 / 2019年10月23日 11時9分

【ソウル=建石剛】朝鮮中央通信は23日、北朝鮮の 金正恩 ( キムジョンウン ) 朝鮮労働党委員長が南北経済共同事業の「 金剛山 ( クムガンサン ) 」観光事業を現地指導し、ホテルなどの施設を「見るだけでも気分が悪い」と強い言葉で批判したと伝えた。 北朝鮮南東部・金剛山での南北共同事業は、正恩氏の父・ 金正日 ( キムジョンイル ) 総書記が1998年に始めた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング