長引く台風避難 被災者の健康維持を最優先に

読売新聞 / 2019年10月24日 5時0分

台風19号の被災地で、避難生活の長期化が避けられない見通しとなっている。寒さが本格化する中、被災者の健康維持を最優先に、きめ細かな支援が求められる。 11都県の約4000人が、避難所となった学校の体育館や公民館で、不自由な生活を強いられている。福島、長野、宮城県などで避難者が多い。朝晩の気温は10度前後まで下がり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング