IT講師殺害被告「ネットリンチなくなり、後悔ない」

読売新聞 / 2019年11月13日 10時12分

福岡市中央区の創業支援施設で昨年6月、IT関連セミナー講師の男性を殺害したとして殺人罪などに問われた無職松本英光被告(43)の裁判員裁判の第2回公判が12日、福岡地裁であった。被告人質問が行われ、松本被告は「後悔はない」と述べた。 供述によると被告は2015年以降、インターネット上に投稿した東京都江東区のセミナー講師岡本顕一郎さん(当時41歳)らを「死ね」などと罵倒し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング