関脇・栃ノ心、右脇腹痛め休場…大関復帰は厳しく

読売新聞 / 2019年11月14日 10時8分

大相撲九州場所5日目の14日、元大関の関脇栃ノ心(32)(春日野部屋)が、日本相撲協会に休場を届け出た。師匠の春日野親方(元関脇栃乃和歌)によると、4日目の宝富士戦で右脇腹を痛めたという。 大関から陥落した栃ノ心は、10勝以上での復帰を目指し、4日目まで2勝2敗だったが、極めて厳しい状況となった。5日目の大栄翔戦は不戦負けとなる。 また、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング