税滞納、仮想通貨122円差し押さえ「悪用への警告」

読売新聞 / 2019年11月14日 12時33分

大阪府寝屋川市は13日、住民税など約315万円を滞納した30代の男性から暗号資産(仮想通貨)122円を差し押さえたと発表した。市によると、自治体が税滞納者から暗号資産を差し押さえるケースは珍しいという。 発表では、男性は2013~17年度の住民税を納付せず、延滞金などを含め計314万9620円を滞納。市は今年9月に預金口座を差し押さえ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング