大学生内定率76・8%、女子は最高更新…売り手市場続く

読売新聞 / 2019年11月15日 19時40分

来春卒業予定の大学生の就職内定率(10月1日現在)は76・8%(前年同期比0・2ポイント減)で、前年に次いで過去2番目に高かったことが15日、文部科学、厚生労働両省の調査で分かった。女子は77・6%(同0・6ポイント増)で、過去最高を更新した。文科省は「好景気で企業の採用意欲が高く、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング