問われる「王者としての振る舞い」戸惑った国際大会での“野球道”

スポーツ報知 / 2019年11月17日 12時19分

3回表ながら、試合開始からすでに1時間半を経過していた。10日、中国で行われていた女子野球、第2回BFAアジア杯の日本・パキスタン戦。35対0と大量リードしていた侍ジャパン日本代表「マドンナジャパン」の右打者は、2死一、二塁の場面で力なくバットを振り三振となった。日本はこの試合、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング