高安、前代未聞の土俵入り後ぎっくり腰で休場…大関陥落ピンチ

スポーツ報知 / 2019年11月18日 8時0分

◆大相撲九州場所8日日(17日・福岡国際センター)カド番大関の高安が、前代未聞となる幕内土俵入り参加後に途中休場した。平幕の宝富士戦を控えていたが、ぎっくり腰のため支度部屋で出場を断念。日本相撲協会は既に決まっていた9日目の取組を再編する「割り返し」を急きょ行うドタバタ劇だった。10日目以降の再出場は不透明で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング