写真

日立が輸入博に出展した「粒子線治療装置」(大型模型)

2019年11月10日まで上海で開かれた大規模見本市「国際輸入博」を取材した。1回目だった昨年との際立った違いは、日本企業が先進的な医療機器や介護関係の製品を数多く出展していたことだった。今後、中国の高齢化の加速が確実な中、高齢化の「超先進国」である日本の各社は、中国市場での活路を見つけたようだ。 積極的だった医療、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング