海賊版誘導サイト元運営者らに1億6千万円の賠償命令…大阪地裁

読売新聞 / 2019年11月18日 15時8分

漫画や小説を違法に掲載する海賊版サイトへ利用者を誘導する「リーチサイト」で、自社の出版物の著作権を侵害されたとして、出版大手「講談社」(東京)がサイトの元運営者ら3人に計約1億6000万円の損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁(杉浦正樹裁判長)は18日、元運営者らに全額の支払いを命じた。リーチサイトの運営側に賠償を命じる判決は初めて。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング