藤井七段、史上最年少タイトル挑戦ならず 王将リーグ最終戦で広瀬竜王に敗れる 

スポーツ報知 / 2019年11月19日 19時43分

将棋の最年少棋士・藤井聡太七段(17)が19日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第69期王将戦挑決リーグ最終一斉対局で広瀬章人竜王(32)に敗れ、史上最年少タイトル挑戦とはならなかった。来年1月に開幕する7番勝負の時点で17歳5か月の藤井七段にとって、勝てば1989年に屋敷伸之九段(47)が棋聖に挑戦した当時17歳10か月の記録を31年ぶりに更新する一局になっていたが、棋界最高位に就く広瀬竜王に阻まれた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング