貴景勝“血の涙”流しながらも気迫の勝ち越し王手「最高の準備できたら負けてもしょうがない」

スポーツ報知 / 2019年11月19日 20時10分

◆大相撲九州場所10日目(19日・福岡国際センター)秋場所で12勝を挙げ大関に復帰した貴景勝(23)=千賀ノ浦=が、西前頭4枚目・琴勇輝(28)=佐渡ケ嶽=を突き出しで下して7勝目を挙げた。稽古場でも肌を合わせたことがないという初顔の挑戦をはね返し「押し相撲同士、しっかりやれればと思った。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング